「どんど焼き」をハシゴしてみた



「どんど焼き」をハシゴしてみた

カテゴリ : 
イベント レビュー
執筆 : 
comfield 2010-1-7 22:06
どんど焼き。

お正月に使った門松やしめ縄、お守りなどを持ち寄って焼き、その火にあたったり、餅を焼いて食べて無病息災を願うもので、お正月にお迎えした神様をお送りする日本の伝統的な行事だそうです。

全国的には小正月の1月15日に行われるそうですが、函館を含む道南地方では1月7日が一般的です。



まずは厳島神社(いつくしまじんじゃ)から。



市電の「どつく前」に位置し、参道に階段もありませんので、足が不自由なお年を召した方でも安心して訪れることができます。







次は山上大神宮(やまのうえだいじんぐう)

神社名の通り山の上にあり、急な坂のテッペンに位置しています。
駐車場は無く、路上駐車するにも躊躇してしまう斜度の坂道ですので、ご近所の方々以外の姿はありませんでした。



滑り止めこそ撒いてありましたが、急な階段は凍り付いていましたので、受験生にはお勧めできないかも。
逆に言えば、この階段を滑ることなく通ることが出来れば、合格間違い無しかもしれません。




最後に函館八幡宮



境内にはお正月らしいBGMが流れており、雰囲気満点です。



函館八幡宮で「どんど焼き」 -動画ニュース STV



クルマで行く場合ですが、運が良ければココの駐車場に停めれるようです。



さぁ、どんど焼きが終わるとお正月も終わりですね。
今年一年が皆様にとって良いお年でありますよう、お祈り申し上げます。








や、やめろー!






昨年の湯倉神社のどんど焼き


 


トラックバック

トラックバックpingアドレス http://tpf.jp/modules/EventRev/tb.php/145

コメントの投稿

コメント投稿に関するルール : コメントに承認は必要ない
FreeDownload
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
 Use OpenOffice.org

 
Go Page Top